フォト

« 【報告】中国語カラオケ定番曲で発音練習の会(第76回) | トップページ | 【報告】中文カラオケ定番曲で発音練習の会(第78回) »

2016年11月14日 (月)

【報告】中国語カラオケ定番曲で発音練習の会(第77回)

● 概要

「中国語カラオケ定番曲で発音練習の会(第77回)」は以下にて、
3名(女性0名、男性3名)の方にご参加いただきました。

 日時:2016年11月14日(月) 19:30~22:30
 場所:紫光閣中華歌城 池袋本店
 http://goo.gl/A7Pz9

● 第77回の紹介曲
紹介曲153. 徐若萱〈愛笑的眼睛〉(简:徐若萱〈爱笑的眼睛〉)
DAM:徐若萱版2042-55, 林俊傑版1185-78, JOY:徐若萱版81840, 林俊傑版149295
YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=OG413z1AX8I
歌詞:https://bitex-cn.com/?m=Material&a=songdetail&songid=4241

紹介曲154. 黃仲崑〈有多少愛可以重來〉(简:黄仲昆〈有多少爱可以重来〉)
DAM:黃仲崑版2644-67, 迪克牛仔版2073-15, JOY:迪克牛仔版80420
YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=2N1NQEdiWO8
歌詞:https://bitex-cn.com/?m=Material&a=songdetail&songid=4627

一曲目は、徐若萱〈愛笑的眼睛〉。徐若萱を取り上げるのは初めてですね。日本的には「ビビアン・スー」な彼女ですが、台湾では映画やドラマに出たりCDも結構出しています。鳥類も1995年に『魔鬼天使』という映画を西門町で見たなぁ、と遠い目をしてしまいますw
それはさておき〈愛笑的眼睛〉は2005年発売の《狠狠爱》に収録の曲ですが、作曲が林俊傑です。徐若萱版は約10年前の曲ですが、2010年発売の林俊傑のアルバム《她说》でセルフカバー版が収録されたため、広い年齢層に知られる曲となっているようです。で、この曲ですが、なんとDAMもJOYSOUNDも徐若萱版と林俊傑版の2バージョンを収録していますね。中国語システムにも勿論両バージョンが存在します。当日は、お好みのキーと速度に合わせて林俊傑版を選ぶのも一案でしょう。ちなみに徐若萱版のほうが曲の進行はスローですね。

二曲目は、黃仲崑〈有多少愛可以重來〉。1994年の曲ですが、黃仲崑はどちらかと言うと俳優さんのイメージですね。この曲〈有多少愛可以重來〉も原唱は黃仲崑なのですが、迪克牛仔のバージョンのほうがよく知られているように思います。
日本のカラオケにおいては、DAMはこちらも黃仲崑版と迪克牛仔版を収録していますが、JOYSOUNDは迪克牛仔版だけです。あとはこの曲には同じメロディーで粤語版が存在し、王菲が〈愛與痛的邊緣〉というタイトルで歌っています。王菲の粵語版も当時ヒットしましたので、メロディーはかなり広く知られた曲ということになります。この曲〈有多少愛可以重來〉も中国語システムには幾つかのバージョンが存在しますので、歌いやすいのを選んで歌ってみてはどうでしょうか?

鳥類

« 【報告】中国語カラオケ定番曲で発音練習の会(第76回) | トップページ | 【報告】中文カラオケ定番曲で発音練習の会(第78回) »