フォト

« 【報告】中国語カラオケ定番曲で発音練習の会(第40回) | トップページ | 【報告】中国語カラオケ定番曲で発音練習の会(第42回) »

2013年11月26日 (火)

【報告】中国語カラオケ定番曲で発音練習の会(第41回)

● 概要

「中国語カラオケ定番曲で発音練習の会(第41回)」は以下にて、
13名(女性3名、男性10名)の方にご参加いただきました。

2013年11月26日(火) 19:30~22:30
紫光閣中華歌城 池袋本店
http://goo.gl/A7Pz9


● 第41回の紹介曲

紹介曲81. 莫文蔚〈盛夏的果實〉(简:莫文蔚〈盛夏的果实〉)
DAM:1165-30, JOY:80123
YouTube:http://www.youtube.com/watch?v=N2d9vPacdmw
歌詞:http://bitex-cn.com/aboutchina/song/song_view_184.html

紹介曲82. 卓文萱+曹格〈梁山伯與茱麗葉〉(简:卓文萱+曹格〈梁山伯与朱丽叶〉)
DAM:1204-53, JOY:なし(卓文萱,曹格
YouTube:http://www.youtube.com/watch?v=0NuKS4gK0Lw
歌詞:http://bitex-cn.com/aboutchina/song/song_view_3959.html


一曲目は、莫文蔚〈盛夏的果實〉。彼女はまず女優として有名で鳥類も王家衛監督の『堕落天使』や張艾嘉監督の『心動』での演技が印象に残っています。しかし歌手としても人気がありますね。

台灣中視の『華人星光大道』で評審員の黃韻玲がよく「歌うことは話すことの延長」と言っていますが、莫文蔚の歌い方というのは、どうもそういうところがあるような気がします。

彼女の代表曲には今回の〈盛夏的果實〉の他にも、〈愛〉〈愛情〉〈電台情歌〉〈忽然之間〉〈如果沒有你〉〈他不愛我〉〈外面的世界〉〈陰天〉などたくさんあります。よい曲が多くて最近流行のオーディション番組でもよく歌われます。そして「莫文蔚より音程が正確」とか「感情がこもっている」とかコメントされることがあります。

確かにCD収録のバージョンでさえ彼女の歌は音程が正確でないところがいくつもあるのは事実です。でも莫文蔚の歌の魅力はそこではなく、あのちょっとハスキーな声で淡々と歌いながら醸し出している雰囲気というか、余韻というか。そういうところにこそあるのではないかという気がします。そして女優の彼女にとって「歌うことは話すことの延長」を越えて「歌うことは演技の延長」なのかもしれません。その辺りが評価されての人気なのではないかと思います。

で、今回、大変なことに気がついたのですが、莫文蔚って〈廣島之戀〉で取り上げてるよね、とずっと思っていたのですが、〈廣島之戀〉はまだ紹介していなかったのですね。早速、次回に取り上げます。デュエットの名曲です。

二曲目は、卓文萱+曹格〈梁山伯與茱麗葉〉。卓文萱が2006年に出した《習慣》というアルバムに入っていたデュエット曲です。

このアルバム、鳥類は発売直後に台湾で手に入れました。理由は最後に蘇慧倫〈愛我好嗎〉のカバーが含まれていたから。原曲は蘇慧倫のファースト・アルバムに収録で、ライブやコンサートでも必ず歌われる代表曲。卓文萱からすると蘇慧倫は滾石唱片だけでなく華岡藝校でも大先輩に当たるわけですが、そんな蘇慧倫の代表曲を16年後の彼女はどんなふうにカバーするのか、それに興味がありました。

卓文萱に話を戻しますと、彼女は2001年に滾石唱片からファースト・アルバムをリリースしたもののヒットせず、上述2006年の2枚目《習慣》のヒットで返り咲いた感じの歌手です。以後は、CDが売れないこのご時世にあってコンスタントにCDを出し続けており、根強い人気が伺えます。さすが滾石唱片が二度目のチャンスを与えるだけのことはあるなと思います。

さて、今回デュエットのお相手の曹格ですが、彼はマレーシア出身で、〈背叛〉〈寂寞先生〉〈世界唯一的你〉等が彼の代表曲でしょうか。作詞作曲もするアーティストで、当会にもファンの多い王心凌の〈睫毛弯弯〉も曹格の作曲だったりします。

今回の〈梁山伯與茱麗葉〉はちょっと難しめのデュエット曲ですが、人気のある定番曲ですのでマスターしてみてはいかがでしょうか?

« 【報告】中国語カラオケ定番曲で発音練習の会(第40回) | トップページ | 【報告】中国語カラオケ定番曲で発音練習の会(第42回) »